オラビーチ

オラビーチ. Mencari tempat wisata dan liburan yang menyenangkan untuk keluarga atau anak anak. Tepat sekali kamu mengunjungi situs ini untuk mendapatkan koleksi lokasi wisata yang populuer.

オラビーチはマルク州のセラム島にあります。白砂もあり、青く澄んだ海水があり、人気のあるビーチです。様々な長所を持っているこのビーチをご紹介したいと思います。英語版の記事はこちらをご覧ください。

オラビーチ

Pantai Ora

マヌセラという国内公園の景色が見え、ビーチの周りに高い崖もあり、その上海の上にある床の高いの宿泊施設もあり、このビーチの魅力につながりました。7部屋しかない宿泊施設の下に澄んだ海水があるので、雰囲気が良くて静かで、このビーチには一人でいるゆっくりした時間を感じられます。

更に、オラビーチでシュノーケリング、ダイビングをしながら、海底で生きる自然なサンゴ礁をはじめ、様々な魚などが見られて、素晴らしい体験が出来ます。そして、シュノーケリングをしている時、深く潜る必要はありません。なぜなら、海水が青く澄んでいるので、2または3メートルまで潜ると、生物が見られるのです。あまり水泳ができない人向けのシュノーケリング場所だと言えます。

Pantai Ora

オラビーチではシュノーケリング、ダイビングの場所がいっぱいあり、お客様が好きな場所を自分で選ばれます。大人気の場所は高い崖から近い所にあります。なぜなら、この崖の下の方に付いているサンゴ礁と可愛い魚といった生物がたくさんいるためです。美し過ぎて、離れたくない気持ちにしてしまいます。お客様がシュノーケリング、ダイビングをする間に、海の真ん中に写真を撮るサービスや荷物を預ける場所があるので、便利です。

spot divin at Ora Beach

 オラビーチは長所がある反面、短所もあります。このビーチは浅い海なので、泳いでいる時、サンゴ礁によって怪我すること、サンゴ礁を変形させてしまう可能性があるので、お気をつけてください。また、オラビーチのことはまだあまり知られておらず、シュノーケリング、ダイビング器具を借りる場所があまりないので、自分するか、アムボン市で借りることができます。

Pantai Ora

  オラビーチは遠方なので、海路と空輸という2つの行き方があります。下記に、詳しく説明いたします。

海路

最初 、アムボン市のパティムラ空港に着いて、タクシーまたは公共交通でテュレフ港へ行きます。そこから、高速スピードボートで2時間セラム島のアムハイ港へ行きます。そのボート費用はVIPは御一人150,000ルピア(1500円程)ですが、普通の便は御一人92,000ルピア(920円程)です。そして、アムハイ港からサワイ村まで公共交通で行き、オラビーチまでジェットスキーで10分航海します。

空輸 

ワハイ空港へ飛行機で行き、セラム島のアムハイ港へ高速スピードボートで行きます。そして、オラビーチへジェットスキーで10分航海します。

デラワン島にある最高の観光スポットについてもご覧ください。

オラビーチにある宿泊施設費用は2種類あり、費用は海上の宿泊が一泊750,000ルピアですが、床の高い宿泊は一泊450,000ルピアです。しかし、コストがもっと安い宿泊もあります。オラビーチはサレマン村から近いので、たくさんの安い宿泊があります。

ora beach resort-min

 シュノーケリング、ダイビングの他、マヌセラ国内公園で114種の鳥を見ることができます。その中で、14種の鳥カステュリテルナテをはじめ、ヌリテングクックなどはインドネシアにしかいない鳥です。そして、ラジャ島、サワイ島、ケルラワ島、テュジュ島、テンガー島、サパレワ島といったオラビーチの周りにある小さい島へ行くことができます。更に、このビーチの近くにも冷たい泉があり、「オランダ泉」と呼ばれています。なぜオランダ泉と呼ばれるか、この泉はオランダ人によって発見されたからです。

Pantai Ora

 世界の海底も素晴らしく、景色もよく、小さい島々によって囲まれているため、「インドネシアの小さいパラダイス」と呼ばれているビーチです。

オラビーチというこの記事は旅行しようと思っている人に役に立っていただけると幸いです。大切な人と自分のペースで気兼ねなく楽しみ、たくさんの思い出を作ってください。